STEAK HOUSE B.M
メニュー紹介 店舗紹介 お食事体験レポート B&Mについて メールマガジン リンク
スタッフおすすめ情報 STAFF RECOMMEND
ビーエムスタッフがおすすめする、意外な食べ方やステーキに合うドリンク等、
知って得する情報が満載です。
第47回 番外編ボジョレーヌーヴォーの季節がやってきました!
もはや日本の風物詩ともいえる「ボジョレーヌーヴォー」の解禁。
ステーキハウスB&M各店、そしてB&M151A店では今年もこのボジョレーヌーヴォーを販売させて頂きます。
今回のおすすめ情報は今年の出来具合を中心にボジョレーヌーヴォーの情報をお届けします。
ボジョレー・ヌーヴォー
ボジョレー・ヌーヴォー(Beaujolais Nouveau)とは、フランスのブルゴーニュ地方南部に隣接する丘陵地帯のボジョレー地区で生産されるその年の「新しい」赤ワインのことです。
※ヌーヴォーはフランス語で「新しい」という言葉、だから、ボジョレー・ヌーヴォーは「ボジョレー地区の新酒」なのです。
ボジョレー地方のワイン作りはなんと紀元前一世紀のローマ時代の頃から始まっているそうです。もしかしたら、ボジョレー・ヌーヴォーはその頃から飲まれていたのかも知れませんね!
いつ頃から世界に知られるようになったの?
ボジョレー・ヌーヴォーが世界的に知られるようになったのは第二次世界大戦以降の事。ボジョレーの帝王といわれる「ジョルジュ・デュブッフ」氏の貢献が大きいそうです。
彼はもともと「ガブ飲みワイン」だったボジョレーワインを世界の愛好家達に認められるまでに向上し、世界に広めました。
さて、日本に登場したのは1980年代中ごろ。
「初物好き」の日本人に早速受け入れられ、解禁日に行われたカウントダウンイベントを記憶されている方も多いのでは・・・。
ジョルジュ・デュブッフ
ボジョレー・ヌーヴォーの美味しい飲み方
赤ワインは室温のままで飲む・・・というのが有りますがこのボジョレー・ヌーヴォーは渋みが少ないので、冷やした方がフルーティーさと爽やかな酸味を楽しみながら、美味しく飲むことが出来ます。

また、肉料理はもちろん、さまざまな料理との相性も抜群!
価格も安く、カジュアルにワインを楽しめるのがボジョレー・ヌーヴォーのよい所なのでしょうね。
ボジョレー・ヌーヴォー
今年のボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は11月20日(木)
ステーキハウスB&M各店、そしてB&M151A店で取り扱うボジョレー・ヌーヴォーは今回ご紹介したボジョレーの帝王「ジョルジュ・デュブッフ」氏のワインです。今年の出来具合も最高・・・との事だそうです。

各店とも在庫に限りがありますので、ぜひぜひ解禁日にはB&Mお越し下さい。ステーキハウスB&Mでは美味しいステーキやハンバーグ、B&M151A店ではこだわりのしゃぶしゃぶとすき焼き、そして私達のおもてなしでボジョレー・ヌーヴォーをお楽しみ下さい。ご来店、お待ちしております。
バックナンバー
 | 2012年 第85回〜 | 2011年 第73回〜 | 2010年 第61回〜72回 | 2009年 第49回〜60回 |
| 2008年 第37回〜48回 | 2007年 第25回〜36回 | 2006年 第13回〜24回 | 2005年 第 1回〜12回  |
top
Copyright (C) 2003-2009 B.M CO.,LTD. All Rights Reserved.